腸活の素の効果ってどうなの?痩せない人もいるって本当?

腸活の素

腸活の素の特徴とは?

腸活の素は独自の成分であるBiProGE納豆菌の他に、有胞子性乳酸菌とロンガム種のビフィズス菌の合計3種類の菌が含まれているサプリメントです。

BiProGE納豆菌

このBiProGE納豆菌は納豆菌の特性を生かしたものであり、納豆菌は胞子の殻を形成する特徴があります。

腸活の素では独自の技術によって芽胞形成するので、胃酸や酵素に耐えることができ、生きたまま腸へ届くようになっています。

さらに高濃度の納豆菌が含まれているので、少ない量ながらしっかりと腸内の環境を整え、腸内にとって良い比率になるように善玉菌をサポートすることができます。

有胞子性乳酸菌

有胞子性乳酸菌は胞子の硬い殻によって菌体を守っているものであり、一般的な乳酸菌よりも乾燥や熱、胃酸に強くなっています。

そのため腸内でも長い時間とどまることができ、腸内を弱酸性に保つことができるので、善玉菌が増えやすいように作用をしていきます。

ビフィズス菌

ビフィズス菌は発酵することによって乳酸を作ることができる菌であり、腸内の環境のバランスを整えるのに必要な成分です。

ビフィズス菌の場合乳酸の他にも酢酸を作ることができるので、腸内は酸性となり悪玉菌が増えにくい環境にすることができます。

さらにビフィズス菌はビタミンB群や葉酸を作り出すので肌の状態を良くすることも可能です。

なお腸活の素は納豆菌が含まれているものの、納豆のような香りはせず、ヨーグルト味になっています。

形状もサプリメントというよりもタブレットになっているので、年齢に関係なく気軽に食べることもできます。

腸活の素はどのくらいで効果が出る?

腸活の素は1日2粒を目安に服用をしますが、飲んですぐに効果が現れるのではなく最低でも3か月ほどは続けなくてはなりませんし、市販薬のように便秘をすぐに改善できるものではないので、便秘の時だけ服用をしても効果は現れません。

さらにダイエット目的で服用する場合においても、自分の思い通りに痩せないことがあります。

これは、ダイエットの目的が便秘を解消し腸内の不要な便を排出することである場合に起こりやすく、腸活の素は便秘改善薬ではないので、すぐに体重を落とすことは難しいからです。

腸内環境がしっかりと整うことによって代謝が良くなり、痩せる効果を発揮するので、痩せないと感じる場合は腸内環境がまだ整っていない可能性があります。

最低でも3か月ほどは継続して服用をすることが大切であり、腸内を徐々に整えていくことがダイエット成功や体形維持に結び付きます。